renovation of the year
総合グランプリ

未来への贈り物〜地中熱ヒートポンプにより生まれ変わるZEB社屋〜

登録・解除事例をお気に入りに登録しました。

施工金額 5,000万円(税込)
物件種別 その他
リノベーション形態 中古を買ってリノベーション
リノベーション内容 家全体,断熱改修
居住人数 20人
家族構成 その他
築年数 31年
エリア 北海道
面積 430.56㎡
施工期間 4ヶ月
構造 鉄筋造陸屋根3階建

間取り

BeforeBefore

AfterAfter

精密機器メーカーの流通倉庫件ショールーム&オフィスだった建物。倉庫として大雑把にプランされた間取りと、全面ガラスのシュールームスペースという、チグハグな構成は夏冬の気温差が30℃に達する北海道では冷房・暖房ともに不利な環境。

きっかけは「リノベーションが社会に貢献できることを証明したい。」という想い。
CO2削減を掲げ1997年に採択された「京都議定書」。その目標を達成する一つの手段として、日本各地に無数に存在する古い中規模オフィスビルをゼロ・エネルギー・ビルディング(ZEB)にリノベーションできないか、というアイディアの実証実験を兼ねて誕生したのが、この新社屋。
NEDO(新エネルギー産業技術総合開発機構)からの支援を得て、北海道大学工学部と共同開発した、地中熱ヒートポンプシステムを採用。社屋壁面のソーラーパネルと合わせ、1次エネルギーで71%削減、創エネルギーを31%作る事ができ、合わせて102%のエネルギーの数字を出す事ができた。誰もが導入できるリーズナブルなイニシャルコストと、長寿命で圧倒的な低ランニングコストを実現している。
また年間を通じ約17℃という安定した温度の地熱を活用することで、冷暖房時のエネルギーの消費を抑え、高性能換気装置と合わせることにより、内部で過ごす人の身体への負担の少ない「空気質」を生み出し、快適で健康的に過ごせるオフィスとなった。
外・内装には北海道産の木材を使い、地産地消に貢献するとともに、西方設計の手掛けた緑化プランも合わせ、社員がリラックスして業務に集中できる環境となっている。
この試みが、日本のそして地球環境にとってプラスになることを望んでやまない。

⼿掛けたリノベーション会社

所在地 〒007-0834 北海道札幌市東区北34条東22-1-35
対応エリア 北海道
連絡先 0800-800-5565

この会社のリノベーション事例

⼿掛けたリノベーション会社

一般社団法人リノベーション協議会

ページの先頭へ戻る

OFFICIAL ACCOUNT

  • facebook
  • Twetter