猫と僕らの路地裏探訪

登録・解除事例をお気に入りに登録しました。

施工金額 1,134万円(税込)
物件種別 マンション
リノベーション形態 中古を買ってリノベーション
リノベーション内容 家全体
居住人数 3人
家族構成 ファミリー
築年数 20年
エリア 首都圏
面積 75.30㎡
施工期間 3ヶ月
構造 ラーメン構造

間取り

Before3LDK

After1LDK

備考

【不動産仲介・設計・施工】ゼロリノベ(株式会社groove agent)

元々の間取りが個性的な本物件。分断されていた各部屋を通り土間と箱でつなぎ、家族の気配がどこにいても感じられる家に再構成した。お施主さまのご要望で、キッチンに備蓄を兼ねたパントリーを配置し、日々の生活動線と防災意識もケア。また、将来猫を飼うご予定とのことで、キャットウォークを兼ねた造作棚や猫が通り抜けできる小窓を設けた。

「だだっ広いひとつの空間を持つこと」だけが広い家の条件なのだろうか。
大きな空間とは違う方法で「広さ」を感じられないだろうか。

例えば、機能を集約した箱をずらして配置することで、路地を生み出すのはどうだろう。
路地ごとに機能を配置すると、先へ先へと空間が途切れずに繋がっていく。
まるで町屋の並ぶ通りを路地から路地へ巡るように。

空間は「壁」でしか仕切ることができないのだろうか。

例えば、通り土間と称して動線上の床仕上げを変えてみるとどうだろう。
床の素材の差異によって空間が緩く切り替わり、人の「溜まり」が生まれた。

箱と路地、空間の切り替わりにより「書斎」や「リビング」というラベルが剥がれる。
あの箱の向こうの路地は、書くところと収めるところ。
箱と箱の間にある広場は、寛ぐところとゴロゴロするところ。
家は概念の集まりで構成してもいい。

様々な溜まりから、あちこちの路地から、
この家で暮らす人々の気配がする。

⼿掛けたリノベーション会社

株式会社grooveagent

オフィシャルサイトはこちら

所在地 〒107-0061 東京都港区北青山2-12-42秀和第2北青山レジデンス705号室
対応エリア 埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県
連絡先 03-6902-1941

この会社のリノベーション事例

⼿掛けたリノベーション会社

一般社団法人リノベーション協議会

ページの先頭へ戻る

OFFICIAL ACCOUNT

  • facebook
  • Twetter