器としての家。

登録・解除事例をお気に入りに登録しました。

2018.08.30
  • マンション
  • 中古を買ってリノベーション
  • 二人暮らし
  • 家全体
施工金額 1,030万円(税込)
物件種別 マンション
リノベーション形態 中古を買ってリノベーション
リノベーション内容 家全体
居住人数 2人
家族構成 二人暮らし
築年数 48年
エリア 首都圏
面積 962.65㎡
施工期間 60日
構造 SRC

間取り

Before3LDK

After1R

62㎡・3LDKの間取り。築年数の古さから、水廻りをはじめ各設備は老朽化。LDKのほかに3部屋を確保したことで各居室はコンパクトに設計され、現代の暮らしには少々そぐわない閉塞感のある間取りでした。

しかし55㎡もあるルーフバルコニーは開放的で、住まいに心地よい景観をもたらせてくれています。リノベーションによって、この外部空間をいかに心地よく室内に採り入れるかが大きなテーマになりました。

オーナーは、パートナーと二人暮らしの単身女性。所持品も少なく、モノに対する考え方や価値観をしっかりと持っている方だからこそ、シンプルで機能的なものを希望されていました。

ミニマルに研ぎ澄まされた住空間は、生活そのものを盛り付ける美しい器のような存在ではないでしょうか。オーナーいわく「目指したのは、長期滞在者向けのホテルのような住まい」。ほぼワンルームとなった空間は洗練された落ち着きを醸し、カラーコーディネートもいたってシンプルにまとめました。
木質感のあるオークの床と棚に、壁・天井にはグレイッシュな塗装を施し、アクセントとしてネイビーの建具を活用。華美な装飾を排しながらも温もりのあるクラフト感をディテールに活かし、機能性にもこだわりました。
テーマは、「キッチン中心主義!」。キッチンとダイニングを暮らしの中心にすえ、開放的なルーフバルコニー側の景観を楽しみながら料理ができるようキッチンはオープンに。そことつながるようにダイニングテーブルをセットすることで、心地よい光の差し込むカフェのようなダイニング空間を創出しました。
また、直天井のため、天井の圧迫感が気にならないよう、寝室は個室化せず、木製のラックでのみ仕切った寝室コーナーとして抜け感や採光をキープしました。さらに梁型にスポットライトを設置することで、天井を意識させないまま照明の重心をさげ落ち着いた空間になるよう工夫しています。
ワンルームのような空間は、その時の気分や趣味に応じてカスタマイズも自在。シンプルな器のように使える住まいの完成です。

⼿掛けたリノベーション会社

株式会社インテリックス空間設計

オフィシャルサイトはこちら

所在地 〒152-0004 東京都目黒区鷹番1-1-10
対応エリア 埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県
連絡先 0120-55-3927

この会社のリノベーション事例

この会社の事例を見る

⼿掛けたリノベーション会社

株式会社インテリックス空間設計

一般社団法人リノベーション協議会

ページの先頭へ戻る

OFFICIAL ACCOUNT

  • facebook
  • Twetter