マンションで「寺」に住む

登録・解除事例をお気に入りに登録しました。

施工金額 1,360万円(税込)
物件種別 マンション
リノベーション形態 中古を買ってリノベーション
リノベーション内容 家全体
居住人数 2人
家族構成 二人暮らし
築年数 16年
エリア 首都圏
面積 76.53㎡
施工期間 3ヵ月
構造 ラーメン構造

間取り

Before3LDK

After1LDK+WIC

備考

【不動産仲介・設計・施工】ゼロリノベ (株式会社groove agent)

キッチンを中心として、壁で細かく仕切られた空間。水まわりはダウンスラブの構造でエリアが広く取ってあり、比較的自由度の高い物件だった。
自宅でお仕事をされることが多く、賃貸暮らしでの生活や家事、収納面に大きなストレスを抱えていた施主様は、流れるようなスムーズな動線とメリハリのある暮らしを強く希望していた。
マンションの既存の現況と求める暮らし、寺というキーワードをひとつの操作でダイナミックに解決すべく、「LDKを中心にダイナミックに土間をまわす」という着想に至った。土間がつくる段差は、心の切り替えや気軽に腰掛けられる居場所としても機能した。

このプロジェクトは施主様からの「お寺に住みたい」という一言から始まった。しかし舞台は、味わいある古民家ではなく76㎡のマンションの一室。空間的な制約上、単に寺を再現しようとすれば「嘘っぽさ」が出てしまう。また、賃貸での不自由さから、スムーズな動線も強く求めていた。

マンション、寺、動線。異なるキーワードを
・マンションの現状はそのまま受け入れ、活かす
・室内をぐるりと巡る、一筆書きの動線
2つの構想で繋いでいく。

マンションを象徴するコンクリートの梁は、あえて隠さず大胆に現し、新たにつくる壁や床で、真壁や長押など「伝統的な意匠」を再現していく。寝室の戸や書斎の仕切りなど人が触れる建具には、大正時代の蔵戸といった「本物」を据える。視覚的、体感的な仕掛けで、マンションと伝統の調和を目指した。

また、寺と動線というキーワードを繋ぐために着想したのは「一筆書きの土間」。寺の本堂のごとく、一段高い位置にリビングを設け、ぐるりと土間をまわす。仕事や家事など生活の生業は土間で行い、履物を脱いでリビングに上がれば自然と心が切り替わる。空間のアイストップとなるキッチンの腰壁は、30cmの段差を利用してダイニングテーブルと高さを揃え、視線の切れない広がりを演出した。

実はヘビメタギタリストの顔を持つご主人。ギターをかき鳴らす時間と静寂の時間とのメリハリを楽しんでいる。

⼿掛けたリノベーション会社

株式会社grooveagent

オフィシャルサイトはこちら

所在地 〒107-0061 東京都港区北青山2-12-42秀和第2北青山レジデンス705号室
対応エリア 埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県
連絡先 03-6902-1941

この会社のリノベーション事例

⼿掛けたリノベーション会社

一般社団法人リノベーション協議会

ページの先頭へ戻る

OFFICIAL ACCOUNT

  • facebook
  • Twetter