Beehiveの家

登録・解除事例をお気に入りに登録しました。

2020.08.24
  • マンション
  • 持ち家をリノベーション
  • 二人暮らし
  • 家全体
  • 水まわり
  • 居室・その他
  • 断熱改修
施工金額 1,500万円(税込)
物件種別 マンション
リノベーション形態 持ち家をリノベーション
リノベーション内容 家全体,水まわり,居室・その他,断熱改修
居住人数 2人
家族構成 二人暮らし
築年数 26年
エリア 九州・沖縄
面積 69.30㎡
施工期間 3ヶ月
構造 RC

間取り

Before3LDK

After1LDK+WIC

築26年の3LDKファミリー向けマンションを、1LDK+WICへとフルリノベーション。アクティブシニア夫婦の二人暮らしに適した住まいのあり方を考えた。基本性能の向上を目指し、内窓の配置、断熱改修を行い、暮らしやすく低燃費なリノベーションとしている。

二人が寛ぐLDKは広がりのある大空間とし、キッチンと連続的にレイアウトしたダイニングテーブルは、料理好きの夫婦が食事を楽しめる動線となっている。アウトドア系の趣味のあるご夫婦ということもあり、寝室を囲った壁面はアガチスの無垢材を貼ることにより、LDKに小屋が存在するようなチャーミングなデザインとしている。寝室は8畳と広めに確保し、書斎コーナーを設けた。また、書斎のカウンターのリビングに面する壁面は室内ガラス窓とし、木製ブラインドを配置、寝室と書斎空間とリビングを状況に応じて閉じたり開いたりする仕掛けを設けている。
ウィズコロナの社会では、テレワークをする機会も増える中で、住宅の中にワークスペースを確保することはこれからの住宅の課題である。
スキューバーダイビングなど多趣味なアクティブシニアのため、玄関直結の大収納が必要だった。玄関から寝室に抜ける裏動線とWICを配置した。タイトルの「Beehiveの家」であるが、フィンランドを代表する建築家、アルヴァ・アアルトの照明「Beehive」がリビングのポイントとなっていることから名付けた。スリットから溢れる光が、LDKに使用している「コンクリート」「タイル」「モルタル」「ナラ材」等の様々なテクスチャに馴染んでいる。これらの素材が年月を重ねエイジングし魅力が増していき、穏やかな時間の流れる巣になることを願っている。

⼿掛けたリノベーション会社

株式会社アポロ計画

オフィシャルサイトはこちら

所在地 〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-12-12BLDG64 201
対応エリア 福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県
連絡先 092-738-9099

この会社のリノベーション事例

この会社の事例を見る

⼿掛けたリノベーション会社

一般社団法人リノベーション協議会

ページの先頭へ戻る

OFFICIAL ACCOUNT

  • facebook
  • Twetter