多世代交流シェアアパート ーただいま IKOMAー

登録・解除事例をお気に入りに登録しました。

2020.09.22
  • 賃貸リノベーション
施工金額 1,000万円(税込)
物件種別 その他
リノベーション形態 賃貸リノベーション
リノベーション内容
居住人数 2人
家族構成 その他
築年数 49年
エリア 関西
面積 100.31㎡
施工期間 5か月
構造 木造2階建て

間取り

Before2DK×3室

After1R×3室

築49年の木造アパートは4戸中3戸が空室となり、ほぼ空き家状態が続いていた。
大阪の中心地まで電車で1時間圏内の場所にあり、長年その場所に居を構える人と新たに住まう人が混在する地域。
地域での「昔からの繋がり」はあるものの、新しい人がその輪に馴染むには時間が要する。
また、該当の物件は大通りから細い路地を入った場所にあり人目にはつきにくい場所に位置している。近隣は新しく建て替えられた賃貸アパートも多く、そこに住む住民たち同士のコミュニケーションは希薄となっていた。そんな場所に、多世代が交流できるコミュニティを「学生発信」で作り上げることで、見知らぬ人同士が一つの場所に集まるきっかけとした。
共有スペースの壁を近隣の子供たちとDIYでペイントし、身近な場所として感じてもらえるようなイベントを実施した。

奈良県生駒市にある築49年のアパートは、地元住民や周辺の賃貸に住む新婚ファミリーに向けたコミュニティスペースを併設したソーシャルアパートへと変化を遂げた。このプロジェクトの主軸となったのは、奈良女子大学で建築を学ぶ学生たち。
①コミュニティを生む②収益物件にする③予算、という3つの条件のみを提示し、学生の柔軟な発想で今回のプランを進めた。現代社会が抱える高齢化と空き家への対策として挙げられたのが、高齢者と若い子育て世代が対等な立場で交流を図ることのできるスペースの確立であった。空室3戸を、共有スペース、一人暮らしのお年寄りのための住居と、共有スペースを運営しコミュニティの中心核となる人のための住居の3案で編成。共有スペースは、アパートの住人の第2のリビングとして自由に過ごすことのできる場所であり、地域に開かれたコミュニティスペースでもある。
孤立しがちな一人暮らしの高齢者も、第二のリビングがあることで日常的に人との交流を図ることができ、地域の若い子育て世代は人生の大先輩との交流によって子育てのコツを学ぶなど多世代がお互いを支え合いながらそこでの暮らしを楽しむことを想定している。思わず「ただいま」と言いたくなるような憩いの空間(→憩間:イコマ)となるよう、コミュニティスペースは「ただいま IKOMA」と名付けた。

⼿掛けたリノベーション会社

株式会社美想空間

オフィシャルサイトはこちら

所在地 〒552-0021 大阪府大阪市港区築港2-1-27KLASI COLLEGE 3F
対応エリア 滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県
連絡先 0120-994-032

この会社のリノベーション事例

⼿掛けたリノベーション会社

一般社団法人リノベーション協議会

ページの先頭へ戻る

OFFICIAL ACCOUNT

  • facebook
  • Twetter