リノベーションコラム

アーカイブ

アーカイブ

リノベーションでもZEHにできる。ZEH(ゼッチ)とは?

2018.12.06
  • 持ち家 性能
  • 持ち家 エコ
  • 購入 エコ
main_point_detail

いろんなハウスメーカーでZEH(ゼッチ)の注文住宅や建売を提供しているが、実はリノベーションでも可能だ。

ZEH(ゼッチ)とは?


ZEHとは、エネルギー消費量が正味ゼロの住宅のことを言う。正味ゼロとは、プラスマイナスゼロという意味で、光熱費ゼロとは違う。ZEHは完全にエネルギーゼロで暮らせる家ではなく、省エネ住宅にすることで暮らしで使うエネルギー消費量を減らし、使った量と同じ量のエネルギーを生み出すことができる住宅だ。エネルギーを生み出すとは太陽光発電システムなど、エネルギーを創るための装置が何かしらある住宅となる。

blog_s23.jpg

※ZEHはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称で、ゼッチ、ゼロエネルギーハウス、ゼロエネ住宅とも言われている。

太陽光発電システムがあればいい!だけでは済まされないZEH


使う量と同量のエネルギーをつくれば良いだけなら、太陽光発電システムをたくさん載せれば実現できると考えてしまいそうだが、国が推奨するZEHは、暮らしで使うエネルギー消費量も極力減らしなさいと言っている。つまり省エネが不可欠となる。建物自体の断熱性能を高めたり、省エネな設備機器を導入するなどが基本となる。

ZEHのメリット


暮らしで使うエネルギー消費量が少ないので、光熱費を安くおさえられるのが大きなメリットだ。建物自体の断熱性能が高いので、室内の環境も一般的な住宅より快適な家となる。

リノベーションでもZEHにできる


国では「2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上をZEHにすることを目指す」としているので、ハウスメーカー等がZEHに力を入れている。だが新築に限らず、リノベーションでもZEHは実現可能だ。断熱リノベーションなどを検討しているなら、ZEHも選択肢の1つとして考えてみるのも良いだろう。

一般社団法人リノベーション協議会

ページの先頭へ戻る

OFFICIAL ACCOUNT

  • facebook
  • Twetter