renovation of the year
総合グランプリ

浮かぶガラスの茶室がある大阪長屋

登録・解除事例をお気に入りに登録しました。

施工金額 1,500万円(税込)
物件種別 戸建
リノベーション形態 その他
リノベーション内容 家全体,耐震補強
居住人数 3人
家族構成 その他
築年数 82年
エリア 関西
面積 60.00㎡
施工期間 3ヶ月
構造 木造

間取り

Before3LDK

After3LDK

こちらは、大阪心斎橋駅から徒歩5分という好立地。今も大阪の町に数多く残る趣深い「大阪長屋」ですが、ここ数年は空き家状態が続いていました。長年雨水にさらされ、一階天井の梁の一本はほぼ腐ってなくなっていました。
施主様の「子供の頃に住んでいた思い出の家を、壊さずに残したい」というご希望、そして今後はこの建物をどのように活かすのが望ましいのか、共に考えさせていただきました。

私たちは、ある海外の方が日本を評した言葉「日本人は美しい宝石を捨て、砂利を拾う」というアイロニーを常に心に留めています。私たちの役目は残された宝石である旧い民家を守り活かすこと。こちらの大阪長屋も建物に備わった魅力を活かすべく、リノベーションさせていただきました。

長年空き家だった長屋のため、まずは安全を期した補強工事を。腐っていた梁は新しい物に交換し、今後50年は安心して使えるように耐震工事を行いました。

エントランスから続く黒御影石は、そのまま黒御影石のバスルームへ。バスルームから出た坪庭には水盤を設置。水盤の光が反射するのは、コンクリートをはね出してつくった浮かぶガラスの茶室です。2階のベッドルームは和室をそのまま墨色に塗装するだけで、宝石の輝きを取り戻します。

茶室に入る前に手を清めていただけるよう、キッチンのシンクは解体された家からレスキューしてきた蹲(つくばい)を加工して再利用しました。

黒御影石でつくられた漆黒の湯舟につかると、そこには宇宙が現れます。
その宇宙から見る、小川貴一郎氏のアート。
かつて日本の家屋では、神様と仏様がおられる神聖な空間、そして家族の寛ぎの空間とが隣合わせにあったものです。今回は失われてしまった神聖な空間を、現代的なデザインで再現しました。

⼿掛けたリノベーション会社

所在地 〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀4-7-25
対応エリア 東京都・神奈川県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県
連絡先 0120-234-401

この会社のリノベーション事例

⼿掛けたリノベーション会社

一般社団法人リノベーション協議会

ページの先頭へ戻る

OFFICIAL ACCOUNT

  • facebook
  • Twetter