旧ビルをワンフロア1室のスイートルームホテルへ

登録・解除事例をお気に入りに登録しました。

施工金額 4,000万円(税込)
物件種別 その他
リノベーション形態 賃貸リノベーション
リノベーション内容
居住人数 20人
家族構成 その他
築年数 42年
エリア 関西
面積 300.00㎡
施工期間 2ヶ月
構造

間取り

Before4LDK

After4LDK

江戸時代から繊維問屋街として栄えてきた大阪本町。この町には繊維や衣料を扱う小さなビルがたくさんあります。しかしアパレル不景気のあおりで、かつての賑わいはなくなってしまいました。小さなビルの多くは全フロアが内階段でつながっており、フロア貸しが難しい作り。こちらの物件も、1階は洋装品店・2階が倉庫・3階から5階にご家族がお住まいでした。

今のままの形で保有していても将来性が望めない。このような不動産のこれからを考えてリノベーションした例です。

1階は日本酒バー、2階から屋上階へはその奥にあるエレベーターで。各階1室、それぞれタイプの異なるスイートルーム仕様のホテルです。各階ともラグジュアリーな客層を想定しています。
床材はベニヤ板(ラワン合板)を利用し、市松模様やヘリンボーン風に貼っています。壁もグレーのビニールクロス、照明はイケアの照明をグレーに塗装しています。どれも「最高に安価」な素材を選んで趣向を凝らし、上品に仕上げています。素材に対して自由なアイデアを持ち、チャレンジングに意匠を凝らすことで、素材が持つ魅力を最大限に活かすことができると考えます。
こちらは一棟のご利用で合計最大24名様まで宿泊可能。大人数でご利用いただけて、かつホテル側とのコミュニケーションは簡潔。利便性は現代的でありながら、しつらえは微に入り細に入り、もてなしの心遣いを感じていただけるよう心がけています。そこには他の宿泊施設では得られない訴求性の高さがあります。問屋街の古くて小さなビルが、時代を超えて新しい一歩を踏み出しました。
【ホテル2.0】ニーズを失った古ビルをワンフロア―1室のスイートルームホテルへ。9(ナイン)の社会的不動産ビジネスです。

⼿掛けたリノベーション会社

所在地 〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀4-7-25
対応エリア 東京都・神奈川県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県
連絡先 0120-234-401

この会社のリノベーション事例

⼿掛けたリノベーション会社

一般社団法人リノベーション協議会

ページの先頭へ戻る

OFFICIAL ACCOUNT

  • facebook
  • Twetter