rearenoマンション~WHITE BOX~

登録・解除事例をお気に入りに登録しました。

施工金額 824万円(税込)
物件種別 マンション
リノベーション形態 リノベーション済み物件
リノベーション内容 水まわり,居室・その他
居住人数 1人
家族構成 一人暮らし
築年数 48年
エリア 東海
面積 55.50㎡
施工期間 1ヶ月
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造

間取り

Before3LDK+納戸

After1LDK+S

元の間取りは納戸とバルコニーに面した和室2部屋が中心にあるLDKを囲むレイアウトの、昔ながらの3LDK。
ご飯時には母の掛け声で家族が集まり、出来たてのご飯を「冷めない内に食べて」と急かされながら父が箸を進める。子供がおかわり!と元気な声を出せば、母は食卓からすぐの台所でご飯をよそう。そんな昭和の夕食のひとときが浮かぶ居間を、建築デザイナーの手で生まれ変わらせた。
レトロな味わいを増す旧耐震で築47年のマンションは、令和時代にもまだ空き家にするには早いのだ。

住まう人に余白を残した、ミニマムで美しい白の空間をコンセプトに、「WHITE BOX」と名付けた1LDKへ。
白にこだわった直線的な空間は、差し込む光の陰影により様々な表情を見せる。

玄関を開けてすぐ目に入るのは広いLDK。
長く時間を過ごす場所として、優先的に広く取った空間には白い壁にぽっかり四角い穴が空いている。
昭和の食卓のように「冷めないうちに召し上がれ」が出来るハーフオープンのキッチンだ。半分個室になっているため、洗い物を残してリビングで寛いでも見えないようになっている。完全に空間を遮断しないことで、料理の受け渡しもできて、見せたくないものは隠せる仕様だ。
玄関とLDKから見えないよう引き戸で区切られた空間は、既存の位置を変えずにレイアウトした洗面・お風呂・トイレ・ユニットバスといった水回りと寝室のスペースに。

また、デザインだけでなく、機能性も加えている。再販マンションでの標準装備はまだ珍しい断熱仕様として、最上位クラスの二重サッシを採用。床材にはウイルス対策としても期待できる「可視光型光触媒」効果のあるフローリングを採用した。昭和時代には予想されていなかった環境の変化にも対応できる、令和型リノベーションだ。

⼿掛けたリノベーション会社

所在地 〒460-0007 愛知県名古屋市中区新栄2-1-34リアル新栄ビル1F
対応エリア 岐阜県・愛知県・三重県
連絡先 052-228-6000

この会社のリノベーション事例

⼿掛けたリノベーション会社

一般社団法人リノベーション協議会

ページの先頭へ戻る

OFFICIAL ACCOUNT

  • facebook
  • Twetter