日本のよさを感じ、はぐくんでいく、開かれた家

登録・解除事例をお気に入りに登録しました。

施工金額 3,500万円(税込)
物件種別 戸建
リノベーション形態 持ち家をリノベーション
リノベーション内容 家全体,水まわり,居室・その他,屋外,耐震補強,断熱改修,その他
居住人数 3人
家族構成 ファミリー
築年数 38年
エリア 首都圏
面積 205.78㎡
施工期間 4ヶ月
構造 在来木造

間取り

Before2世帯(3LDK+3LDK)

After1階:2LDK、2階:2LDK

施主は30代のご夫妻。ご結婚後、世界を一周、その後、より自国のことを知りたいと日本一周の旅に出た。そこで日本の原風景とも言える、農作物を育てながらの「職住一体」の暮らしに触発され、「自然界では様々なものが循環していく。」という事を感じ、「今あるものをどう生かすか。」「妻の実家を生かして暮らしていけないか。」と考えるように。高台に建つその家は、しだれ桜が訪れる人々を迎え、庭の果樹も家とともに30年以上を生きてきた。友人、知人を招けるような「開かれた家」にできたらいいなと思うように。元々二世帯であった家はあまりに広く、どう使ったらいいか分からず、広さゆえにその工事費、維持費も果たして自分たちでまかなえるものなのかも分からず、おぼろげであるが、「自分たちの使うエネルギーは自分たちで作る。」創エネルギーの家も視野に入れ、リノベーションをしたいと相談に訪れた。


1階をパブリック+オフィススペース、2階を居住スペースとし、エリアを明確に分け、迷わず、入りやすく、防犯性も考慮した動線とした。資金調達と維持管理の面から『H27年度住宅省エネリノベーション促進事業補助金(http://sii.or.jp/renovation27r/)』を活用(太陽光発電に関わる蓄電池システムの導入 + 躯体内断熱の改修 + 高断熱サッシへの改修 + 高効率給湯器の導入)し、『H27年度住宅取得資金に係わる贈与税の非課税枠拡大措置』も適用(質の高い住宅として耐震等級2を取得)した。「職住一体の暮らし」も「開かれた家」も決して新しいものではない。地方の二世帯住宅などでは自家製の野菜や惣菜を分け合い、お互いの毎日を見守り合う慣習が息づいているが、都市部の住宅においてはいつの間にか慣習もなくなりつつあり、「家」そのものの形も変貌してきた。ここで実現したのはリビングとテラスをつなげたような「平面的に開かれた家」ではない。訪れる人々を思い、水廻りをもう一セット作った。冷暖房も遠慮なく使って欲しい。有事の際も自立した生活をできるという考えから導入した太陽光+蓄電池システム。30代のご夫妻が「親の家を受け継ぐ」ということを必死に考え、でもどこかのんびりした優しさに満ちた「職住一体+創エネ」の開かれた家である。

⼿掛けたリノベーション会社

株式会社スタイル工房

オフィシャルサイトはこちら

所在地 〒166-0016 東京都杉並区成田西3-2-4 K&3ビル1F
対応エリア 東京都・神奈川県
連絡先 0120-587-250

この会社のリノベーション事例

この会社の事例を見る

⼿掛けたリノベーション会社

株式会社スタイル工房

一般社団法人リノベーション協議会

ページの先頭へ戻る

OFFICIAL ACCOUNT

  • facebook
  • Twetter